TOP > Eneco Holdingsとは > 燃料事業

燃料事業

Fuel Business

国内のエネルギー事情と世界の資源競争の激化

限りある資源を最大限有効活用することが望まれ、 その為には、地球の未来と地球環境保護を前提に、次世代型エネルギーにつながる最先端技術が必要

日本はエネルギー消費大国でありながら、自給率はわずか6%で、そのほとんどを輸入に頼っています。 今後、世界のエネルギー消費量は大幅な増加が見込まれ、特にアジアの発展途上国では、需要量は2035年に2010年の約1.5 倍になるともいわれ、世界で資源獲得の競争激化が懸念されています。 暮らしや経済を支えるエネルギー資源の安定的な確保が、より一層重要となっているのです。

 

水を燃料に変える技術

水と油を完全融合させる技術開発に成功

当社は、分離しやすい混合技術に比べ、成分を分子レベルまで超微細化することにより、水と油の『 完全融合 』を可能にし、ハイクオリティかつ環境にやさしい安心安全な次世代型燃料の精製を実現。従来は比重の関係により、水の混合率は20%が限界とされましたが、ナノエマルジョン技術の応用により、油の種類を問わず水を約50%混ぜても燃料として使用することを可能としました。

水道水・井戸水でも水の混合率約50%を実現した技術、それが「Eneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)」です。

混合から融合へ Eneco PLASMA FUSION

水と油を「混合」させる従来の技術をさらに進化させ、「完全融合」させる最先端技術「Eneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)」。

  • 従来エマルジョン
  • ナノエマルジョン
  • Eneco PLASMA FUSION
Eneco PLASMA FUSION

Eneco PLASMA FUSIONと従来エマルジョン技術の違い

当社のEneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)は、水素イオン化・炭素イオン化の実現による超微細化された液体の反応技術です。

水50%と油50%の完全融合に成功し、環境にやさしい安心安全な次世代型燃料の精製を実現しました。

重油・軽油・灯油・バイオディーゼルに、水を50%プラスして、従来のエマルジョン技術と当社のEneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)技術で比較しました。
ディテールではなく、見た目だけでも当社の技術の高さが明確化されました。

[それぞれの項目の左が従来のエマルジョン技術、右が当社のEneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)技術]

重油

軽油

灯油

BDF
(バイオディーゼル燃料)

エネコプラズマフュージョン燃料で公道を走るバス

日本で初めて税制法上の軽油の規格に合格したため、製造承認証をいただきました。税金自体は100%軽油と同じですが、燃料代が約半分に下がることで大幅なコストカットを実現します。

Eneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)燃料は通常の燃料と比較しても出力が変わらないため、普通に給油して公道を走行するだけでなく、二酸化炭素、一酸化炭素の排出量を大幅に抑えることが出来ます。現在、エネコプラズマフュージョン燃料で公道を走っております。

燃料分析結果(加水率50%)

第三者での利用も始まっています

第三者にて、重機・トラックでの運用試験も問題なく、通常の軽油100%に比べ2-4割程度の燃料費削減が期待されます。

Eneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)で精製した燃料を使用しています。

燃費、出力も100%の軽油燃料と同等の性能を誇ります。

 

Eneco PLASMA FUSION 燃焼実験

Eneco PLASMA FUSION(エネコプラズマフュージョン)より生まれたエネルギー源が、実際にエネルギーとして効果を発揮するか実験しました。燃焼試験、環境試験において高い数値を記録しています。

LSA重油50%+水50%(上)と、LSA重油100%(下)の燃焼実験の様子。

灯油50%+水50%(手前)と、灯油100%(奥側)との燃焼実験の様子。

当社独自の技術により、「油と水の改質技術」が成功し、基油と同等の燃焼効率、さらに環境特性の高い次世代燃料の精製を実現しました。

環境試験結果(重油)

分類 加水率
0%
加水率
70%
削減率
CO₂(%)
二酸化炭素
15.6 8.6 44%減
SOx(ppm)
硫黄酸化物
38 13 65%減
NOx(ppm)
窒素酸化物
87 72 17%減

上記数値は、Eneco Holdings研究所に設置されたボイラーでの測定結果です。

※お客様が使用する装置により、上記測定結果とならない場合があります。

成分・熱量試験結果(重油)

分類 加水率
0%
加水率
70%
JIS2205
規格要求値
比較
反応 中性 中性 中性 同等
引火点(℃) 68.5 85.0 60以上 同等
重粘度@50℃
(mm²/s)
2.296 2.690 20以下 同等
流動点
(℃)
-22.5 -25.0 5以下 同等
残留炭素分
(質量 %)
0.16 0.04 4以下 同等
水分
(容量 %)
0.00 0.25 0.3以下 同等
灰分
(質量 %)
0.010 0.010 0.05以下 同等
硫黄分
(質量 %)
0.245 0.078 0.5以下 約1/3
純発熱量
(J/G)
45,120 44,820 - 同等

世界中が開発しているエマルジョン燃料が、
未だかつて実用レベルに達しない理由とは・・・

重油100%
従来技術
 
重油100%
  • 水と油が、時間とともに分離し、エンジンや設備等が故障する。
  • 水を混ぜることにより、出力が低下する。
  • エマルジョンをした後の燃料の色が基油と同等ではない。
  • 基油と比重が変わってしまう。
  • 設備やエンジンをエマルジョン燃料仕様に改造しなければならない。

上記課題を世界で初めて全て改善しました

重油100%

当社技術

当社技術

Eneco PLASMA FUSION H EPF-H500

 

重油100%
  • 水と油を混ぜても時間とともに分離せず、エンジンや設備等も故障しない。
  • 水を混ぜても、出力が低下しない。
  • 水をまぜた後の燃料の色も基油と同等である。
  • 基油と比重も変わらない。
  • 設備やエンジンをエマルジョン燃料仕様に改造する必要はない。
  • Eneco PLASMA FUSION で精製された燃料に対して、PL保険が適用される。

現在、化石燃料(軽油、重油、灯油等)で稼働している全てのもの(車、重機、船舶、設備、エン ジン等)を改造せず、そのまま使用可能とした燃料が「エネコプラズマフュージョン燃料」です。

Eneco PLASMA FUSION 燃料精製映像

Eneco PLASMA FUSIONにて、水50%と軽油50%の完全融合を実現

水50%と軽油50%をどのようにして完全融合させるのかについて、映像を公開します。水を混ぜても、100%の軽油と同等の燃焼効率を実現します。

ハイクオリティにして、地球環境にやさしい技術を

Eneco PLASMA FUSION H EPF-H500

重油・軽油・灯油・BDFすべて加水率約50%で完全融合が可能です。
写真の装置は、「500ℓ/h、12kℓ/日」の精製能力があり連続稼働が可能です。

Eneco PLASMA FUSION H EPF-H500
製品仕様

・サイズ/W10,500mm×D4,900mm×4,000mm

・重 さ/約21.2t(水も油も入ってない状態)
     約60.7t(水と油が入った状態/MAX)

導入する場面によっては、使用を変更する場合がございます。

特徴

・基油と、色、出力、カロリー、比重等、全て同等。

・現在使用している設備を改造する必要がなく、そのまま使用することが可能。
・温室効果ガスを大幅に削減することが可能。

・コスト削減が可能。

使用用途

・工業用(バーナー)

・ボイラー用(蒸気・温水)

・発電機用(小型~大型)

・船舶用

精製された燃料の使用用途によっては、別途確認が必要となる場合がございます。

PL保険適用

Eneco PLASMA FUSIONで精製された燃料を使用し、設備に不具合が生じた場合は適用されます。

各種お問合せ

Contact Us