TOP > Eneco Holdingsとは > 水素事業

水素事業

Gas Business

ガスとは

ガスは、環境に優れたエネルギー

ガスとは、気体のことを意味しており、天然ガス、LPガス(LPG:液化石油ガス)、シェールガス等、様々な種類が存在します。
こういったガスは、クリーンエネルギーと呼ばれ、石油や石炭といった燃料を使用するよりも、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)等の排出を抑えることができ、環境に優れたエネルギーとされています。

最も環境に優れた次世代型 新エコガス「Enecoガス」の誕生

Eneco Holdings が、水と触媒による反応技術の開発に成功

本技術は、今までの水素ガスの製造方法とは全く異なり、電気を一切使用せず「水」と「独自開発した触媒」の反応だけで、2種類の水素ガス「Eneco PLASMA R H2(純水素ガス)」「Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)」の生成に成功いたしました。更に、弊社の技術を使用することにより、水素ガスの生成から使用するまでの完全CO2フリーの実現が可能となります。

触媒の入ったガラス瓶の中に、水を加えガスを発生させ着火している様子。

生成したEnecoガスを、発電装置につなぎ実験している様子。

「水からガスを生む」という Enecoガス(新エコガス)の生成に成功

Enecoガス生成、開発の原理:Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)

当社のEnecoガスは、水の電気分解の応用で生成したものです。ただし、水の電気分解であれば水素と酸素を別々に分離して取り出しますが、当社が開発した技術は、両方を混合気体として取り出します。この発生したガスは、通称「酸水素ガス( HHOガス)」「ブラウンガス」と呼びます。水素は金属ボトルに入れておくと漏れ出してしまいますが、酸素を含んだ酸水素ガスであれば漏れることはありません。つまり、単なる混合ではなく、分子レベルで特殊な結合状態となっているガスということです。

 

Enecoガス 燃焼のメカニズム:Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)

当社が開発したEnecoガスは、酸素と水素を1:2で混合しているため、水の分子H2OがそのままH2とOに分解し爆発しそうですが、実は安全に扱うことができます。Enecoガスを点火させ、バーナーの炎を手のひらの上で横切らせても手が燃えないどころか熱くもありません。しかし、鉄の板に当てると、あっというまに融け出し、切れてしまいます。 

ではなぜ、手のひらに近づけても手が熱くないかというと、これは爆発するのではなく爆縮するからです。爆発はエクスプロージョンですが、爆縮はインプロージョンです。そのため、着火するとバッと燃えて周りが真空になります。つまり空気の容量から液体の容量に、水となって液相に移るわけですから、その空間がなくなり真空になるのです。ですから、バーナーの炎を手に近づけても、全く熱く感じません。火傷もしません。そういう非常に集中したエネルギーを外へ、無駄に流さないと言った特性があります。

【一般的に使用されているガス】

eneco_hp_1-1-1.png

【当社が開発したEnecoガス】

eneco_hp_2-2-2.png

Enecoガスは、物質に応じて温度が自由に変化する特性がある:Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)

普通のアセチレンガスでバーナーを使用し、ニッケルの百円玉に当てると、玉は真っ赤になっても溶けません。しかし、Enecoガスでバーナーを当てると、5~6秒でスポッと孔(あな)が開きます。更に、タングステンの融点が3,422℃ですが、15秒ぐらいで真っ赤になり溶け出します。ということは、少なくとも3,422℃の熱が、そのEnecoガスのバーナーから出ていることとなり、それが蒸発するということは5,000~6,000℃以上の温度になっていることがわかります。しかし、Enecoガスのバーナーの炎の温度は、280℃と非常に低いです。つまり、相手の物質次第で温度が自由に上がるという不思議な特性を持った炎へと変化します。

 

【一般的に使用されているガス】

eneco_hp_3-1-2.png

 

【当社が開発したEnecoガス】

eneco_hp_4-2-2.png
※タングステンとは、金属の中でも最も融点が高い希少金属の一つです。

Enecoガス生成映像

「水」と「独自開発した触媒」で、Enecoガスの生成、開発に成功

「水」と「独自開発した触媒」で、Enecoガスを生成する新技術を映像で公開します。



「Eneco PLASMA R H2」「Eneco PLASMA R HHO」の開発に成功

Enecoガス「Eneco PLASMA R H2」「Eneco PLASMA R HHO」

次世代型 新エコガス生成装置によって、通常の天然ガス、LPGガスに変わるEnecoガス「Eneco PLASMA R H2(純水素ガス)」「Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)」の生成に成功しました。
本技術は、今までの水素ガスの製造方法とは全く異なり、電気を一切使用せず「水」と「独自開発した触媒」の反応だけで、2種類の水素ガス「Eneco PLASMA R H2(純水素ガス)」「Eneco PLASMA R HHO(酸水素ガス)」の両方を発生させる技術です。この水素ガスは水から生成される為、資源を消費することなく、永続的なエネルギー源の確保にまた一歩近づくことになります。コストも従来のガスに比べ約50% 削減ができ、完全なCO2フリーを実現いたしました。弊社の水素ガスは、LPG 、天然ガス、シェールガスに匹敵する新エコガスです。

特徴 ・1日で約2.4トンのガスを生成することができる 
・ユーザー様の要望によって、1日にほぼ無限大、水素ガスを生成することができる (オーダーメイドで受注)
・インフラを必要としない(オンサイト)
・電気を一切使用せず(電気分解をしない)、自然発生で水素ガスが生成されるため、電気代がかからない
使用用途 ・工業用(バーナー)
・ボイラー用(蒸気・温水)
・発電機用(小型~大型)
・船舶用
※生成された水素ガスの使用用途によっては、別途確認が必要になる場合があります

各種お問合せ

Contact Us