TOP > 企業情報 > 代表挨拶・企業理念

代表挨拶・企業理念

Message & Philosophy

Eneco Holdingsの経営理念。

The managerial philosophy of Eneco Holdings.

一人のために、地球のために

  • 私たち「Eneco Holdings」は、環境の今を認識し、よりよい未来を育むために、環境保全に貢献します。
  • 私たちは、世界中一人ひとりの、よりよい健康的な暮らしを支えていきます。
  • 私たちは、世界的なエネルギー不足を少しでも解消するために、地球環境により良い燃料、ガスを生成し、役立てていきます。

Eneco Holdingsの行動指針。

The Eneco Holodings code of conduct.

世界を見つめ、おもてなしの心で。

  • 地球規模の大きな事業に取り組みながら、常に目の前にいる一人ひとりを大切にする気持ちを持ちます。
  • グローバル企業として、すべての人種が平等である認識のもと、誰もが心地いい未来をつくるために行動します。
  • 日本を代表する世界遺産、富士山の麓に工場・研究所を構えている企業として、JAPAN企業としてふさわしい、おもてなしの心で取り組みます。
 

代表取締役社長

山本 泰弘

住みよい地球、持続可能な未来のために

Eneco Holdingsは、「住みよい地球、持続可能な未来のために」をコンセプトに、当社が開発した世界最先端技術を世界各国へ普及させ、全ての人々や環境保全、地球温暖化防止に貢献できる企業であり続けたいと思っています。
現在の地球全体の問題点として、特に地球温暖化があげられます。地球温暖化は、私たち人々が利用するエネルギー、産業活動によって排出する「二酸化炭素」(温室効果ガス)が主な原因とされております。



エネルギー資源の主な移り変わりとして、木炭から石炭へ、石炭から石油へ、石油から天然ガスへと転換されてきました。このエネルギー資源の移り変わりによって世界経済は、急激に成長し発展してきました。しかし、経済の発展に比例して温室効果ガスの排出量が増加し、地球温暖化が進行しているのは、まぎれもない事実です。この地球温暖化が進めば、地球全体の気温が上昇するだけではなく、水不足、食料不足、大気汚染、異常気象による災害等が発生し、全ての生態系に悪影響を及ぼしてしまいます。

PCの操作
 
私たちは、これからの未来のためにも、地球温暖化に対し真剣に考え国際的に改善するよう努力しなければいけません。Eneco Holdingsの新技術は、現在、お客様が使用している設備をそのまま変更せず使用することができ、尚且つ、温室効果ガス(二酸化炭素)を50%以上削減、大幅なコスト削減を可能にした世界最先端技術「加水燃料精製技術」「ガス精製技術」の開発に成功しました。

この技術で精製した新エネルギー(新燃料、新ガス)をグローバルに共有し、環境に優れたエネルギーとして次世代へと継承することによって、「住みよい地球、持続可能な未来」を継続できると信じております。

各種お問合せ

Contact Us